全国胡麻加工組合、11月5日は「ごまの日」と制定 食品SMで宣伝販促

農産加工 ニュース 2019.11.20 11973号 06面
野菜との関連販売で練りごまを使用したホウレンソウのごまあえを提案

野菜との関連販売で練りごまを使用したホウレンソウのごまあえを提案

 全国胡麻加工組合は11月5日を「ごまの日」と制定し、活動を展開している。制定3年目となる今年は、食品スーパーなどでPOPやのぼり旗、PR冊子を活用した宣伝販促を実施。消費者に「ごまの日」をアピールした。  愛知県北名古屋市の真誠は、近畿と関東地区のスーパーで宣伝販促を展開。「Mart読者が選んだ2019秋冬新商品グランプリ」の加工食品部門で第1位となった「クラッシュアーモンドすりごま」が完売するなど盛況だった。  東京都千代田区のマコトは、関東地区のスーパー29店舗で試食を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら