ローソン、複数税率・還元策に対応 値札、レシートを新方式

小売 ニュース 2019.08.23 11928号 01面
10月以降のレシートのイメージ

10月以降のレシートのイメージ

 ローソンは、10月に消費税が複数税率になるのに合わせ、店頭の値札表示とレシートの表示を刷新する。  値札は、本体価格の横に軽減税率の対象品には「軽」を、通常税率には「■」を記載し、下段に税込み価格を併記する。税率によって値札のマークを分けるのは、9月末に値札を一斉に付け替える際に、旧札からの替え忘れを防止するアイキャッチの意味もあるという。  また、カウンターフーズは8%の税込み価格のみを表示する。顧客からイートイン席で食べると申し出があれば、精算の際に10%を適用する。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら