ピカール(イオンサヴール)・小野倫子社長に聞く 行動変容の先の進化

小売 インタビュー 2020.07.29 12088号 14面

季節性も踏まえたプロモーションを店頭・ネット連動で展開

季節性も踏まえたプロモーションを店頭・ネット連動で展開

コロナ禍で生活様式が変わる中、リアル店舗ならではの買い物体験に磨きをかける

コロナ禍で生活様式が変わる中、リアル店舗ならではの買い物体験に磨きをかける

 冷凍食品専門店「ピカール」を運営するイオンサヴールは、2016年にイオンの100%子会社として設立した。6月末時点で東京・神奈川に15店舗とイオン3店舗の売場内に「プティピカール」を展開、オンラインショップも運営している。前菜からデザートまで揃う幅広いメニューに、生鮮素材も含めフルラインで扱う。仏ピカールが欧州で1000店以上を展開するのに比べ、日本市場ではまだ認知拡大のフェーズだ。その商品価値と利用体験をどのように広めていくか、設立当時から代表取締役を務める小野倫子社長に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら