ライフ・21年下期 設備投資100億円強の増額 既存店活性化・ネットも強化

小売 ニュース 2021.10.13 12308号 01面
通常店にも導入が進む「ビオラル」コーナー(本郷三丁目駅前店)

通常店にも導入が進む「ビオラル」コーナー(本郷三丁目駅前店)

 ライフコーポレーションは今期の投資計画を期初の162億円から267億円に積み増し、既存店の活性化やシステム投資に充てる。コロナ後の環境も見据え、店舗設備・機能の刷新を加速させる。
 増額分の多くは既存店の改装や設備の刷新に関わる。大型改装は25店程度を対象に、過去最大の70億円規模で実施する。改装では自然派志向の商品・PB(自主企画品)を集めた「ビオラル」コーナーの設置をはじめ、セミセルフレジや省エネショーケースへの切り替えや、ネットスーパーの体制を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら