キーコーヒー、台湾産コーヒー商品化へ 台湾コーヒー文化の発信強化

飲料 ニュース 2019.11.15 11971号 03面
柴田裕社長

柴田裕社長

 キーコーヒーは、創業100周年を迎える20年に向け、台湾産コーヒーの商品化を進め、日本への台湾コーヒー文化の発信を強化する。これは、同社が1930年代に直営でコーヒー農園事業を進めていた「台東珈琲農園」(台湾・台東県東河郷)の跡地に現存する1本のコーヒーの木「百年珈琲樹」の整備・保存に協力し、台東県の地域振興を支援することでもある。8月21日には同地で開催された記念式典「百年珈琲樹・記念碑除幕式」に、柴田裕社長が参加し、地元住民をはじめ、同県長や地元議員との友好を深めている

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら