伊藤園、本質価値追求し再活性化 「香り愉しむ」烏龍茶を

飲料 ニュース 2020.07.01 12074号 02面
新発売の「烏龍茶」を手にする内山修二マーケティング本部副本部長兼ブランドマネジャー(左)

新発売の「烏龍茶」を手にする内山修二マーケティング本部副本部長兼ブランドマネジャー(左)

 伊藤園は「烏龍茶」の本質価値となる“香りを愉(たの)しむお茶”を追求したウーロン茶飲料「烏龍茶」を6日に新発売する。原料茶葉と抽出方法にこだわった現代の嗜好(しこう)に合った新感覚の烏龍茶となる。1980年に同社が開発した世界初の無糖茶飲料「缶入りウーロン茶」発売により、無糖茶飲料市場を創造したオリジネイターとしての誇りを示し、「烏龍茶」の次のステージへの進化を図り、市場の再活性化を目指す。  同社が導入した「缶入りウーロン茶」が切り開いた無糖飲料の市場での割合は、19年に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら