キーコーヒー、中間は2桁減収の厳しい業績 構造改革で打破を

飲料 決算 2020.11.30 12153号 04面

 キーコーヒーは20日、オンラインで事業説明会を開催した。21年3月期第2四半期連結累計期間(20年4~9月)の売上高は、253億8200万円(前年比21.2%減)、営業損失は17億1000万円(前年同期は5億1900万円の営業利益)、経常損失は20億0500万円(同7億2900万円の経常利益)と厳しい業績となった。コロナ禍による業務用市場での減収・減益の影響を受けた形だ。この状況を打破するため、マーケティング本部の組織改革や全社的に事業拠点や人員の再配置などの事業構造改革を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら