ごま油、原料事情悪化の一途 かどや製油値上げへ

原料の需給圧迫に直面しているごま油市場。かどや製油は5月から価格改定に踏み切る

原料の需給圧迫に直面しているごま油市場。かどや製油は5月から価格改定に踏み切る

 ごま油の原料事情が悪化の一途をたどっている。生産大国である中国・インドが輸入国に転じ、世界的に需給がひっ迫。年明けから相場は急騰しており、1ヵ月間で約3割増という急カーブを描いている。これを受け最大手のかどや製油は、5月から家庭用・業務用のごま油製品の値上げを宣言。値上げ幅は平均10%、斗缶で800円前後となる見通しで、「原料価格の上昇に合わせた商売をせざるを得ない」(小澤二郎社長)状況だ。(村岡直樹)  相場高騰は、中国とインドの大減産を皮切りに発生。両国はごま2大生産国

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら