J-オイルミルズ、前3月期は減収増益 原料価格大幅上昇でスタート

乳肉・油脂 決算 2021.06.16 12244号 03面

 J-オイルミルズの21年3月期連結決算は新型コロナの影響で業務用の販売数量が減少。搾油量減少によってミールの販売量も減少したが、コスト改善策や経費削減を進めることで収益を確保、減収増益で着地した。家庭用油脂は内食増に伴い微増となったが、業務用の落ち込みには届かず、インバウンド減や土産需要減の影響を受けた。第6期となる新中計(本紙既報)を始動する今期は、業務用の回復や付加価値品の拡大を見込むも、原料コストの大幅上昇にすでに直面しており、営業・経常利益ベースで2桁増減となる大増

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら