POSデータ分析 新型コロナ感染拡大、売れ筋食品変わる

総合 統計・分析 2020.06.22 12068号 06面

ピークの後もコンスタントに売れているレトルトカレー

ピークの後もコンスタントに売れているレトルトカレー

菓子・パン作りに大容量の小麦粉が売れた

菓子・パン作りに大容量の小麦粉が売れた

 ◇キーワードは「簡便性・内食」「手作り」「経済性・ストック」  新型コロナウイルス感染予防で外出自粛期間だった5月3日までの間、内食需要が高まったことで食品242カテゴリーのうち約8割が前年比増という結果がKSP-POS(KSP-SP社)によって明らかになった。食品カテゴリー全体では、2月24日週から全国平均金額前年比(10%前後増)で推移。金額前年比の上位25カテゴリーは、「手作り」「簡便性・内食」「経済性・ストック」という属性を持ち合わせ、売上げのピークを作りながら大き

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら