よつ葉乳業、4工場を自家発電 根釧・宗谷工場にも導入

 【北海道】よつ葉乳業は、北海道胆振東部地震による大規模停電発生を受け、道内の全工場で停電時にも製造を継続できるよう自家発電設備を導入する考えを明らかにした。道内にある4工場のうち、十勝主管工場(河東郡音更町)とオホーツク北見工場(紋別市)にはすでに自家発電装置を備え、今回の震災でも工場を稼働し続けることができた。残る根釧工場(釧路市)、宗谷工場(枝幸郡浜頓別町)の2工場にも自家発電を整備し、危機管理体制を強化する。  このうち、今回の震災には間に合わなかったものの地震発生前

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら