菊水、ウポポイ応援企画商品2種を発売

小麦加工 ニュース 2020.02.26 12018号 14面

【北海道】道内製麺大手の菊水は、4月24日開業予定のアイヌ文化復興拠点・ウポポイ(民族共生象徴空間)ロゴマークを掲載した特別パッケージの「知床ざるそば2人前」=写真=と「えべチュンら~めん 3食詰合」「同 1人前」(しょうゆ、みそ、しお)を新発売する。売れ筋、人気商品を通してウポポイをPR、応援する。

「知床ざるそば2人前」は、道民を中心に愛されるロングセラー商品。アイヌ民族になじみの深い“昆布”を原材料に使用していることなどからウポポイ応援企画商品に選んだ。パッケージの表面、裏面にウポポイのロゴマークなどを掲載している。希望小売価格は368円(税別)で、3月1日から約1年間全国発売する。

「えべチュンら~めん」は、希少品種のハルユタカ小麦をブレンドした江別産小麦100%のラーメン。江別のご当地キャラクター・えべチュンがアイヌ民族衣装を着た特別バージョンで、同じくウポポイのロゴマーク入り。えべチュンのイラストは、アイヌにルーツを持ち江別に縁のあるイラストレーター・小笠原小夜さんが描いた。価格は3食詰め合わせ700円(同)、1人前(しょうゆ味、みそ味、しお味)各185円(同)。4月1日から約1年間道内で販売する。(長島秀雄)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら