長野県信州そば協同組合、海外市場開拓目指す 品質向上・PRに努める

農産加工 総会 2024.06.05 12766号 12面
柄木田豊理事長

柄木田豊理事長

 【長野】長野県信州そば協同組合は5月28日、長野市のホテルで2024年度の通常総会を開いた。柄木田豊理事長(柄木田製粉社長)は「原材料費の高騰や乾麺需要停滞など大変厳しい環境だが、組合が昨年開発したレンジアップ型の『NAGANO SOBA』が豪州で販路を開拓するなど明るい兆しもある」と述べ、「引き続き『信州そば』の品質向上、PRに努めていく」と方針を示した。
 昨年11月に豪州で行った「NAGANO SOBA」の試食イベント、商談について柄木田理事長

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介