日本蜜柑缶詰工業組合、平成3年度内販みかん缶詰12月末実績

日本蜜柑缶詰工業組合(東京都中央区、03・3201・7987)は、平成3年度内販みかん缶詰の製造状況を発表した。それによると、ホール(平成3年12月28日現在四二社)JAS格付は一五八万三四八〇函で前年同期比九・一%減、五号缶四ダース換算では一一九万四六五一函で同〇・八%増。実函に比べ換算の比率が大きくなっているのは一号缶、二号缶の大型缶が前年に比べ各一二一・一%増、五〇%増であったことと、五号缶の四ダース入りが前年に比べ三六六%増と大幅に増産されたことによる。 昨年内の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら