脱酸素材特集=東亜合成化学工業・バイタロン

「バイタロン」は昨年3月、担当が森下部長代理から松岡部長代理に移った。 森下部長代理時代は不調をかこっていたが松岡部長代理となって好調をとり戻したよう。上期不調、下期順調で平均月産数量(酸素吸収能力一〇〇㏄換算)の対前年比伸び率は二〇%増くらいだったという。 好調の理由は、①失った顧客をとり戻した②大口の新規開拓に手がかりができた③菓子、珍味で顕著な伸びがあった④「L」(標準型)と「G」(脱酸素+炭酸ガス発生)の使用比率が縮まってきた‐‐などだそうだ。 全般的な①個包装化②小

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら