脱酸素材特集=パウダーテック・ワンダーキープ

昨年の4月から担当になった田原ワンダーキープ室長(ワンダーキープ専用高萩工場長)は、昨年の「ワンダーキープ」の平均月産数量(酸素吸収能力一〇〇㏄換算)の伸びは対前年比二〇%増という。 現在、高萩工場はキャパシティの一〇〇〇万個/月をフル生産しているそうだ。 懸案だった専用工場・高萩工場は完全に軌道に乗っているもよう。 昨年は4月から保冷剤「ワンダークール」を、8月からエチレン吸収剤(他銘柄)を扱い、食品鮮度保持事業に幅を持たせている。 ドライタイプとウエットタイプのカイロ材の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら