ライオン、役員改選、4専務に代表権を委譲

調味 人事 1992.02.28 7341号 5面

《4専務に代表権 ライオン 》 ライオン㈱は、権限の分散化などを含めた役員の大幅改選を実施。機構改革とあわせて、第二期中期計画(九二~九四年)達成に向け、組織を整備する。 役員改選は、若返りとともに四専務が代表権をもち「社長と同等の立場」で業務にあたるなど、社長に集中していた権限を委譲し、業務などへ迅速に対応しようというもの。3月27日の株主総会および役員会で正式決定するが、役員の平均年齢は五八歳と二歳ほど若返る。機構改革は、本部制の廃止などを中心に、近々のうちに正式決定する

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら