国税庁、酒税改正時の差額調整資料を公開

酒類 ニュース 2020.08.05 12092号 01面

 国税庁は3日、10月1日実施の酒税率改正で流通段階にある課税済み酒類に対して、新旧税率の差額を調整する措置(手持品課税、戻税)の概要資料をホームページで公開した。動画サイトのユーチューブ上でも説明動画を公開している。料飲店を含む酒類の販売業者は、同日午前0時時点の対象酒類の在庫数量を確認する必要がある。  10月1日にビール類やワイン、清酒などの酒税率の引き上げ、または引き下げが実施される。酒税率が引き上げとなる酒類は差額について課税され、逆に酒税率が引き下げとなる酒類は、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら