国税庁、RCEP酒類の合意内容公開

酒類 ニュース 2020.11.25 12150号 03面

日中韓や東南アジア諸国連合各国など15ヵ国が地域的な包括的経済連携(RCEP)の協定交渉に15日に署名したことを受け、国税庁は酒類の合意内容の資料をホームページに公開した。

日本がこれまで経済連携協定を結んでいない中国・韓国との間で清酒をはじめとする日本産酒類の関税撤廃を獲得した。

清酒の輸出は、中国向けが21年目に関税撤廃(現在の関税率40%)、韓国向けが15年目に関税撤廃(同15%)となった。

日本への輸入は、紹興酒・マッコリが21年目に撤廃(同1L42.4円)され

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら