酒類団体が国に要望書 酒自粛に対する復興支援求め

酒類 ニュース 2021.10.18 12310号 02面

 酒類業9団体からなる酒類業中央団体連絡協議会は11日、飲食業界と酒類業界の復興支援などを求める要望書を関係省庁大臣らに提出した。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に基づき実施された酒類提供飲食店への休業要請に関連した内容。酒類提供の長期自粛により、飲食店をはじめ、酒類の小売・卸売・製造業者の経営に少なからずダメージを与えていると訴えた。
 要望書では、一部飲食店において、休業中でも支払いが必要な人件費、家賃による運転資金の枯渇

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら