物価高騰、「チャレンジ購入」に商機 マリンフード、消費者の購買行動の変化など調査

 【関西】マリンフードは、全国20~60代の女性700人を対象に「消費者の購買行動の変化とチーズ購買の実態調査」を実施。調査結果から、昨今の物価高騰を背景に「安さ」を食品購入基準として優先する傾向が強まっていることが分かった。購入経験のない安価な商品を試行的に購入する「チャレンジ購入」も増加。同社は消費行動の変化を新規ユーザー開拓のための商機としてとらえ、「おいしさ」だけでなく価格訴求力のある商品拡充を進める意向。
 本調査は楽天インサイトの協力の下、