ジェトロ鹿児島、「奄美黒糖焼酎」輸出策のポイント明確に

酒類 ニュース 2020.04.03 12034号 03面

 【九州】ジェトロ鹿児島は2018年度から、地域団体商標海外展開支援事業で「奄美黒糖焼酎」の輸出へ向けた取組みを実践してきた。2年目となった19年度は、ジェトロ鹿児島として推すべきポイントが明確になってきたと感じている。
 黒糖焼酎は、海外で知名度のあるラムやピンガとの違いをいかに打ち出すかが課題だとしている。昨年11月には蔵元を集め、黒糖焼酎とこれらの酒数銘柄との飲み比べを行った。飲み比べの結果、「米麹使用」を差別化ポイントとして確認し合った。米国で

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら