薩摩酒造ら、焼酎かすを電極材に変換 次世代電池実現へ

酒類 ニュース 2021.07.21 12265号 04面

 【九州】薩摩酒造は14日、エルステッドインターナショナル、福岡工業大学、BlueForceと共同で「環境・エネルギーミックスビジネスモデル」プロジェクトを始動させたと発表した。これはReduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Renewable(再生可能)、Reborn(再生)、Recycle(再生利用)の5R方式で、本格焼酎の製造過程で発生する焼酎かすを、次世代電池の電極材に変換するプロジェクト。
 同社はこれまで、近隣15社の焼酎蔵元と協

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら