日本惣菜協会、外国人技能実習制度の職種認定申請へ

 日本惣菜協会は、外国人を一定期間受け入れ、技能・技術・知識を習得してもらう「外国人技能実習制度」における「惣菜製造業」の認定に向け、国際研修協力機構(JITCO)への申請手続きを進めている。3月に行われる認定審査委員会を通ると4月上旬の官報に掲載となり、認定職種としてスタートする見込みとなった。同制度の活用で海外で活躍する高度な大量調理技能を持つ人材を育成するとともに、国内での深刻な人手不足解消の一翼を担うと期待されている。(小澤弘教)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら