雪印メグミルク、スライス包材をバイオマスインキに

 雪印メグミルクは11月27日、現在発売中の「スライスチーズ」の包装パッケージ印刷のバイオマスインキ使用への切り替えを、12月中旬までに全品で完了すると発表した。環境負荷低減への取組みの一環として、4月から順次切り替えを開始してきた。
 バイオマスインキは、植物由来の資源を原料の一部に使用し製造したインキ。同品に切り替えることで、従来の油性グラビアインクより、CO2の発生量が約13%削減される。また、各品のパッケージには、側面に「バイオマスマーク」を表

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら