六甲バター、「ベビーチーズ」50周年でアーバンスポーツ盛り上げ

金メダリストの西矢椛選手(左)が塚本浩康社長と限定パッケージをサンプリング。

金メダリストの西矢椛選手(左)が塚本浩康社長と限定パッケージをサンプリング。

初のベビーチーズ自販機で初日には早くも1400個を配布した

初のベビーチーズ自販機で初日には早くも1400個を配布した

 六甲バターは4~5日、横浜市の赤レンガパークで開催された日本最大級のアーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」に協賛、「QBBベビーチーズ」限定パッケージ製品の無償配布などを行った。5日には、同フェスティバルの競技大会に出場した、ブランドアンバサダーを務める東京五輪スケートボード女子ストリート初代金メダリストの西矢椛選手が、同社ブースでサンプリングを行うなど、発売50周年を迎えたベビーチーズを軸に、イベントを盛り上げた。