幸南食糧、マイクロ波加熱調理でチルド惣菜参入へ

 幸南食糧は、日本で唯一の「マイクロ波加熱調理殺菌システム」を、レトルト米飯を生産する「新食品開発センター」に導入。今夏をめどに本格稼働開始し、チルド惣菜事業に参入する。
 コメ消費減が加速する中、在阪有力コメ卸の同社は卸事業のほか、2年前の同センター設立を機に、レトルト米飯中心とした加工食品の製造・販売に乗り出した。この間、目標額10億円の約半分の規模まで成長させたが、新事業が加わることで30億円の早期達成を目指す。
 このシ

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら