国分グループ本社、シンガポールで卸事業 TCGCへ出資

卸・商社 ニュース 2020.05.29 12057号 02面

 国分グループ本社は27日、シンガポールで卸事業を開始したと発表した。100%子会社の国分シンガポールが現地コモンウェルスグループの卸売事業会社・TCGCの株式7割を取得。所得水準が高いシンガポールをアセアン事業の中核地域に位置付け、推進する海外戦略に弾みをつける。  TCGCは現地でベーカリーやアイスクリーム、スープ類などの食品卸事業を手掛ける。4月13日に株式引き受けを完了し、今後社名を「国分コモンウェルストレーディング」に変更予定。国分グループ本社の林恒喜海外統括部アセ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら