食品バイヤー、リアル商品探し困難 販促策・価格交渉に弊害も 本紙調査

総合 統計・分析 2021.02.26 12193号 01面

「外出しての商品探しが難しい」「オンライン商談が増えた」--。新型コロナウイルスの感染拡大が食品バイヤーの業務にそうした変化や影響を及ぼしたことが、本紙の調査であらためて浮かび上がった。取引先と相互の訪問自粛やテレワークの増加などで対面機会が減少し、販促施策の実行や価格交渉が難しくなるといった弊害も出ている様子。今後も展示会や商談などリアルの活動が制限される中、デジタルを活用した業務の再構築やWebスキルのアップなどへ努め、事業環境の変貌へ対応しようとする意向が強い。(篠田博

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら