全ト協、荷主へ「買いたたき」注意喚起 トラック業界、価格転嫁の苦慮が背景に

総合 ニュース 2022.04.11 12385号 01面

 トラック業界が燃料コストの上昇を価格転嫁できず苦慮している。全日本トラック協会(全ト協)によると、今年3月の軽油価格は一昨年11月比で35%を超える上昇を示し、業界全体のコスト増は6160億円規模へ拡大。事業者は多大な負担を強いられているが、中小零細が99%以上を占める業界構造も影響し、荷主への運賃値上げが収受されない状況だ。公正取引委員会が1月に「買いたたき」の定義を明確化したのも受け、全ト協では荷主業界に法令違反への注意を呼び掛ける広告活動などを通じ、トラック業界が価格