イートアンド、関東第二工場を竣工 AI・ロボット化推進

12月に本格稼働を予定

12月に本格稼働を予定

 イートアンドは13日、群馬県板倉町に総投資額35億円の大型工場、関東第二工場を竣工した。同工場は人工知能(AI)技術を使った検品や、ロボット化を積極的に取り入れ、生産性50%増と約2割の省人化を実現した。  本格稼働は12月を予定しており、今後、隣接する関東第一工場(旧称・関東工場)と合わせて「幸せ発信基地」としてシナジーを発揮する。  主力の焼ギョウザと水ギョウザ製造のさらなる増強を目的に同工場を竣工し、12月から本格稼働する。操業開始時点の生産能力は月産740tで、ライ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら