マックスバリュ東海、チーズケーキ教室を開催 丸森町産の干し柿使用

干し柿の歴史を発表する児童たち

干し柿の歴史を発表する児童たち

 【中部】マックスバリュ東海は11日、マックスバリュグランド千種若宮大通店内「ちゃんとごはんスタジオ」で、宮城県丸森町立耕野小学校の子どもたちが考案した特産品の干し柿を使ったチーズケーキ教室を開催した。  当日は、同校在学生や山村留学経験者の児童4人が一般参加者とともに調理を行った。また、ケーキを冷やす間には「耕野のころ柿のヒミツ」と題し、干し柿の歴史や商品に込めた思いを発表したほか、店頭に立ち、干し柿の販売を手伝った。  イオングループは東日本大震災から1年を経た12年、長

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら