新時代のキーマン:Sugimoto Tea Company・杉本恭平社長 日系プレーヤーの増加願う

飲料 インタビュー 2021.07.19 12264号 05面

 【中部】近年、日本茶輸出が盛り上がりをみせる。05年に1000t台であった輸出量は20年には5274tへと成長。輸出に活路を見いだそうと挑戦する企業が増える中、静岡茶業界で注目を集めるのが20ヵ国以上もの実績を誇る杉本製茶だ。そこでシアトルに拠点を置く同社グループ・Sugimoto Tea Companyの杉本恭平社長に話を聞いた。(文責・立川大介)

 輸出事業は1995年に代理人を介して米国販売を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら