マックスバリュ東海、上期は19年度比増収増益

小売 決算 2021.10.11 12307号 02面

 【静岡】マックスバリュ東海の2022年2月期上期連結業績は、営業収益が19年度同期比71.8%増の1782億3300万円、経常利益が同149.5%増の51億4100万円と増収増益だった。要因は既存10店舗の改装効果のほか、2店舗のスクラップ・アンド・ビルド(S&B)と2店舗の業態転換にECの拡充など。既存店売上げは第1四半期の同4.8%減が響き、同2.4%減であった。
 店舗改装には6億円を投じ、売上げは19年度比10%増加した。またS&B店舗では6

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら