マルヤナギ小倉屋、保育士・栄養士向けに「だしと育脳栄養素」で食育講座

だしの飲み比べとうまみの相乗効果体験

だしの飲み比べとうまみの相乗効果体験

 【関西】マルヤナギ小倉屋は3日、神戸市内の本社で同市私立保育園連盟に加盟する保育士・栄養士を対象に、「だしと育脳栄養素」に関する食育講座を開催した。
 当日は同社の健康経営と食育推進室リーダーで管理栄養士の小泉智子氏が、参加した61人の保育士・栄養士に昆布とうまみ成分の種類と特徴、育脳栄養素が身体に与える作用などを説明。
 小泉氏は「子どもは大人より味に敏感で、味覚は3歳までに形成され、9歳ごろに完成する。この時期の味覚センサ