関西味噌生販協議会、賀詞交歓会を開催 難題をチャンスに

土屋福蔵会長

土屋福蔵会長

 【関西】関西味噌生販協議会は4日、大阪市北区のホテルグランヴィア大阪で新春賀詞交歓会を開催した。  土屋福蔵会長(ジャポニックス会長)は「新型肺炎の影響で、外食産業は苦しくなるだろうが、一方で家庭用の消費が増える可能性もある。前向きに物事をとらえることが肝要だ。SDGsの動きは物流や容器にまで広がり、時代に要求されることが多くなってきた。気候変動という世界的な問題もある。今年は庚子(かのえね)だが、庚子はいったん成長が止まって生まれ変わる年で、継続か刷新かを見直す好機ともと

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら