アルパ、熱分解炭化装置を大幅改良 コスト減を実現

熱分解炭化装置「PWCD―MJ」

熱分解炭化装置「PWCD―MJ」

 【関西】アルパ(大阪市平野区、電話=06・7777・4250)が開発・販売する、食品工場から排出される多くの食品残さや廃プラスチック、廃棄木材・紙類、コーヒーや焼酎、茶葉の搾りかすなどを熱分解し、炭化物や電気エネルギーに変換する熱分解炭化装置「PWCD-MJ」。このほど大きく改良を行い、省スペース化と能力アップ、コストダウンを同時に実現した。
 「PWCD-MJ」は、廃棄物とされる一般系・産業系廃プラスチックや、竹や木材などの廃棄木材や紙類を、炉内温

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら