北海道コカ・コーラボトリング、20年12月期は巣ごもり需要獲得もコロナの影響大

飲料 決算 2021.02.19 12190号 04面

 【北海道】北海道コカ・コーラボトリングは10日、2020年12月期連結決算短信を発表した。
 売上高は514億4300万円(前年同期比7%減)で、コロナ禍における生活者ニーズに対応した販売提案活動強化でWeb販売を中心とした巣ごもり需要を獲得したが、自動販売機やCVS・飲食チャネルなどを中心に販売が大幅に減少。新型コロナウイルス感染拡大による市場環境低迷の影響を大きく受けた。
 また全社コスト削減活動を徹底したことで、営業利益

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら