老舗食堂「ゑびや」、最新経営ツール導入で売上げ5倍に

外食 ニュース 2019.12.06 11981号 04面
小田島春樹社長

小田島春樹社長

 創業約100年の老舗食堂「ゑびや」(三重県伊勢市)は、経営立て直しのために最先端技術を用いた店舗経営ツール「タッチポイントビーアイ」を開発。同ツール導入により店舗の数字を見える化することで売上げ約5倍を実現させた。  同ツールは、店舗経営に必要な情報収集と過去のデータを組み合わせた分析により、店舗運営を一元管理できるシステム。通常システム導入には高額な初期投資が予想されるが、同社では多くの中小企業が活用できるように1店舗・月額1万9800円からの価格設定とし、現在全国で約7

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら