愛知県加工用トマト拡大協議会開催 早期定植試験栽培を継続 反収は増加傾向

 【中部】コーミ、岡本食品、生協、JAなど、生産者、消費者、行政、加工業者が一体で取り組み、愛知県産加工用トマトの発展と拡大を図る「第14回愛知県加工用トマト拡大協議会」=写真=が11月29日にホテルアソシア豊橋で開催され、生産者含めた関係者ら100人強が参集した。優秀生産者表彰や成功事例、異常気象で全国的に厳しかった19年作の結果などが報告された。  愛知県内の実績は、生産者戸数は3戸増の54戸だが、栽培面積は452aと減少。特に7月の長雨とそれに伴う日照不足が生育に影響し

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら