クラレ、「エバール」フィルムを食品トレー・惣菜容器へ積極展開

「エバール」フィルムの惣菜容器への使用例

「エバール」フィルムの惣菜容器への使用例

 クラレはプラスチックの中で最高レベルのガスバリア性を持つ「エバール」フィルムを、食品トレーや惣菜容器のバリア材として積極的に展開する。食品ロスが世界的に問題視される中、同製品を用いて食品トレー・容器にバリア性を付与することで食品の賞味期限の延長に寄与する。  「エバール」フィルムは厚みのバリエーションが豊富で層構成の自由度が高い。異種材料とも簡単に積層化でき、既存のラミネート加工設備を使用できるので導入が容易だ。共押出シートと比較して、多品種小ロット

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら