SINKPIA・JAPAN、生ごみ処理機「GJ」シリーズ導入広がる

従来品よりコンパクトで室内設置が可能な業務用生ごみ処理機「GJ」シリーズ

従来品よりコンパクトで室内設置が可能な業務用生ごみ処理機「GJ」シリーズ

 ●水分と炭酸ガスに生分解  SINKPIA・JAPANが展開する業務用生ごみ処理機「GJ」シリーズの導入が食品工場をはじめスーパーやホテル、飲食店などで進んでいる。バイオの力で生ごみを水分と炭酸ガスに生分解させる生ごみ処理機で、現在国内では約500台が稼働中。生ごみ処理にかかる手間とコストを省き、厨房(ちゅうぼう)・ごみ庫から生ごみを出さない環境の実現を目指す。  開発コンセプトは「生ごみを運ばず・燃やさず・その場で処理」すること。従来の生ごみ処理機はにおいやスペースの問題

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら