東京駅構内で「超おつまみ市」開催 フードロスにつながる過剰在庫の販路を確保

 カウンターワークス(東京都目黒区)と全国商工会連合会が、新型コロナウイルスの影響で売上げ減少や販売先が見つからない、フードロスにつながる過剰在庫を抱える事業者の販路を確保するなどの目的で「超おつまみ市」をJR東京駅構内の「動輪の広場」で11月15日から28日まで開催=写真=した。
 会場には、北海道から宮崎県の事業者が展開する缶詰や薫製など、平均単価が500円の商品75品が集まった。
 主催者によると、1日当たり約900人の来

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら