L-55乳酸菌がインフルエンザ予防に効果 オハヨー乳業が確認

 オハヨー乳業は九州保健福祉大学との共同研究で、ヒト腸管由来のL-55乳酸菌にインフルエンザウイルス感染に対する予防効果があることを動物実験で確認した。11年3月28日から開催される日本薬学会第131年会(静岡市・ツインメッセ静岡)で発表する予定。  同社はこれまでにも、L-55乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス)が免疫細胞に影響を与えることによって、抗アレルギー作用を発揮することを明らかにし、学術誌や学会で発表している。今回は、インフルエンザウイ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら