ハウスウェルネスフーズ、「C1000ビタミンレモン」20周年 新CMに多部未華子起用

飲料 キャンペーン 2011.02.18 10449号 04面
新イメージキャラクターの多部未華子(左)と、菊池敏朗社長

新イメージキャラクターの多部未華子(左)と、菊池敏朗社長

 ハウスウェルネスフーズは、「C1000」ブランドの新CM&イメージキャラクターに多部未華子を起用した。6日から「C1000ビタミンレモン」、10日から「C1000レモンウォーター」の新CMを全国で放映開始。TVCMの他にも広告・Web・プロモーション活動などを展開する「C1000げんきいろプロジェクト」を通じて「C1000ビタミンレモン」発売20周年を盛り上げていく。

 菊池敏朗社長は4日のCM発表会で、新イメージキャラクターの多部について「爽やかで元気な印象がブランドのイメージと一致し起用した」。新CMを通じて「お客さまや流通に話題となって販促に大きくつながると期待している」として、「今年は大きな飛躍の年にしたい」とあいさつした。

 同社では昨年2月に「C1000」ブランド発売20周年を迎え、今年2月14日には「C1000ビタミンレモン」が発売20周年を迎えた。これに合わせて、昨年から消費者の元気をお手伝いする意味と同ブランドの黄色のイメージを合わせた“げんきいろ”プロジェクトを発足。

 昨年は、各地で開催された街を元気付けるイベント「よさこい祭り」に協賛。「C1000げんきいろ隊」と名付けたオリジナルチームを派遣し、サンプリングなどを実施した。今年も参加する予定。

 C1000ブランドは、新商品「ビタミンレモンコラーゲン」の発売や「1日分のビタミン」の定着に加え、昨夏の猛暑効果で大きく伸長した一年だった。今年も「ビタミンレモン」発売20周年に合わせて、新CMを展開し、最大限に盛り上げ、鮮度アップを図る。

 新CMのビタミンレモン「げんきいろマーチ」篇では、多部がおもちゃのマーチングバンドと一緒に元気に行進をしながら、はつらつと明るい表情を見せている。一方レモンウォーター「Cのシャワー」篇は、幻想的な世界観とともに大人っぽい爽やかな表情を見せており、「C1000」ブランドの元気さと爽やかさを表現した内容となっている。

 (山本大介)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら