正栄食品工業設立70周年:本多市郎社長に聞く さらなる正栄グループの飛躍目指す

 正栄食品工業は明治37(1904)年11月3日、東京府下荏原郡入新井村新井宿(現・東京都大田区大森)に、本多多助氏が「成光舎牛乳店」を開業したのが始まりだ。第二次世界大戦を経て、長男正一氏、二男栄二氏により、昭和22(1947)年11月に「正栄食品工業株式会社」を設立。製菓・製パン業界を中心とする食品業界向けの原材料を供給し、今年で70周年を迎える。四代目の本多市郎社長は輸入・生産・販売の三つの柱で「堅実経営」を進め、売上高1000億円企業に成長させた。設立70周年の節目の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら