佐藤食品工業、令和最初の年末商戦スタート 「鏡餅出発式」開催

農産加工 ニュース 2019.11.13 11970号 01面
出発式でもちつきをする佐藤元社長(左)

出発式でもちつきをする佐藤元社長(左)

初荷を積んだトラックが出発

初荷を積んだトラックが出発

 【新潟】佐藤食品工業は立冬の8日、新発田工場で「サトウの鏡餅出発式」を開催した。鏡もちをおはらいし、配送時の交通安全と無病息災を祈願。今年で8回目を迎え、新発田市の保育園児による祝いのもちつきや雑煮が振る舞われた。初冬の風物詩として定着したイベントで、いよいよ令和最初の年末商戦が本格スタートする。  今年度は、新潟から全国各地へ出荷し、出荷金額ベースで前年比3%増の25億円台突破を計画する。佐藤元社長は出発式で「新たな元号の節目にお鏡もちを飾って、よい正月を迎えてほしい」と

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら