ウオロクホールディングス、創業の地新発田市活性へ 企業版ふるさと納税を実施

小売 ニュース 2020.05.22 12054号 05面
企業版ふるさと納税の寄付目録を二階堂馨新発田市長(右)へ贈呈する本多伸一ウオロクホールディングス社長

企業版ふるさと納税の寄付目録を二階堂馨新発田市長(右)へ贈呈する本多伸一ウオロクホールディングス社長

 【新潟】ウオロクホールディングスは15日、創業の地新発田市へ企業版ふるさと納税の贈呈式を新発田市役所で実施した。今年度から5年間、毎年2000万円ずつ寄付を継続予定。2020~24年まで同社と市、新発田商工会議所の3者が連携して実施する「新発田市地域活性化プロジェクト」に活用される。  同社は1962年に新発田市で創業して58年目を迎える。贈呈式で本多伸一社長は「新発田市で生まれ育った企業として、地域の活性化は私たちの願いであり、企業にとっても大きな力になる」と背景を説明。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介