新トップ登場:ホリカフーズ・五十嵐一也社長 5ヵ年新中計 新工場で海外強化を

 介護・治療食や災害食、食肉缶詰などを手掛けるホリカフーズは、10年後の長期ビジョンを策定し、その中間点となる中期5ヵ年計画を、今期から始動している。節目の今年6月20日、五十嵐一也氏が新社長に就任した。製造部門を長く経験しており、原点はもの作り。この経験を生かし、5年間で新工場の建設や海外輸出を強化。10年後には売上高65億円、営業利益率3%以上を目指す。  「目の前の仕事を一つ一つ淡々とこなしてきた」と振り返る五十嵐社長は、30年以上製造部門に携わってきた。この経験は営業

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら