日本アクセス、「フローズン・アワード」をYouTube生配信 メーカー横断型販促企画8回目

 日本アクセスは、消費者キャンペーン「第8回フローズン・アワード」を開催する。年々応募者が拡大し、昨年度は約322万票を集めた年末の一大イベント。1日から、冷凍食品・アイスクリームを対象とした総選挙に加え、購入で賞品が当たるクローズドキャンペーンも実施。初の試みとして、YouTubeLive「フロアワTV」を生配信する。

 同社はフローズン商品のファン拡大や売場活性化を目指し、卸にしかできないメーカー横断型の大規模販促企画を13年から開始。“10万人が選ぶ”としていた初回から約26万人の応募があり、17年度に100万人を突破、18年度155万人超、19年度322万人と年々規模が拡大。今年は協賛企業がエントリーした市販用冷食・アイス199品を対象に、消費者による人気投票キャンペーンを10~11月に実施。12月16日に表彰式を行い、12月以降から、小売店へ店頭販促ツールを配布し活用してもらう。

 人気投票キャンペーン「冷凍男子冷凍女子総選挙2020」=写真(上)=は、エントリーしたメーカーのPR動画を見て投票。抽選で毎日50人に1000円分のLINEPay、コンプリート賞として全動画を閲覧した人の中から抽選で5人に10万円をプレゼント。購入して賞品が当たる「冷凍食品・アイスクリーム食べて応援キャンペーン」=同(下)=も同時に開催。対象商品購入レシート250円を1口として、Webにアップロードするか応募はがきに貼付して送付すると、抽選で1000人に3000円をプレゼントする。

 今回初めてYouTubeを活用した生配信(フロアワTVで検索)を実施。食レポを交えた商品紹介やPR動画を用意。YouTubeLive限定の特別当選者を選出し10万円をプレゼント。放送予定は9日午後8時、18日冷凍食品の日午後2時、30日午後8時、11月15日冬アイスの日午後2時の全4回を予定している。(山本大介)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら